SLURL

2011年4月24日日曜日

SIMの重さを量るには?

今日は、Chiyo Lindenさんのカンファレンス・オフィスアワーに出かけてきました。


SIM購入時、わからないことをいつも助けてくださった、Chiyoさん。
きっちり、メールを返してくださる、Chiyoさん。
ご本人は、こんなに、かわいい....。

詳しい内容はこちらにアップされる予定です。

私も一個質問をしました。
「環境SIMの重さを量る基準はありますか?」
という質問に対し、chiyoさんの答えは、明確なものが返ってきました。

「統計バーを出して、数値を見てください。Time dilation は0.95から1、FPSはおよそ45、タイムは20以下が目安です」

という返事でした。これで、うちのSIM郡の管理が、ぐんと楽になりました。
ちなみに、上記の目安は、本SIM、環境SIMともに、同じだそうです。

個人のPC側の問題で重いのか、サーバに負荷をかけているかをごっちゃにしている
人も多いんですが、管理する側としては、サーバへの負荷で他のSIMに迷惑がかかるのが
一番怖いわけです。PC側の問題のほうは、そのSIMだけの問題ですからね。

でも、上記の基準を満たしていれば、問題なし!と胸をはって言えるわけで、これで一安心。

あとは、自分のSIMに来てくださる人のことを考え、プリム数の削減や、大きなテクスチャを控える
などの工夫は必要だけど、もうそれは、個々のオーナーの考え方次第なわけで。

親SIM管理者がどこまで、チェックしなくてはいけないかで、ほとほと困っていたので、
明確な線引きができて、本当によかったです。

Chiyoさん、どうもありがとう!

ちなみに、参考サイトとしてこちらも紹介されました。日本語化されていて、うれしいですね~。

Region Performance Improvement Guide/ja


0 コメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました